So-net無料ブログ作成
検索選択

生理前に豆乳を飲むと”生理後に痩せる”理由 [ダイエット]

スポンサーリンク






生理前は痩せにくく逆に太ってしまうのが常識ですよね??これはなぜなんでしょう。



生理前に太り、痩せづらい理由

排卵期を過ぎると「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが減少し、

「母ホルモン」と呼ばれるブロゲステロンが増加するため、とにかく体に栄養や水分を取り込もうとする。

そのため、食欲が湧き、脂肪は燃えにくく、老廃物や水分が排出されないため、痩せにくくむくみやすくなる。

おまけに精神的に不安定になるため、食欲を抑えられない。といったことが原因なんです。





でも、生理前に1週間「豆乳」を飲むだけで…


実は生理前は「痩せるための大チャンス」になるんです!

これは生理前から生理後にかけて起こる”体の変化”を利用したものなんです。





生理前の”1week豆乳ダイエット”


生理予定日の7~10日前から毎日、 朝食前に1パック(200ml)の豆乳を飲む。

たったそれだけ!


昼食前や夕食前でもOKだけど、朝ご飯前に水分を摂ると腸が動いて便通がよくなるので、理想は朝。

食後ではなく食前に。なぜなら豆乳はGI値が低く、食事による急激な血糖値上昇を

防いでくれるから。(血糖値が上がると体は「エネルギーが余っている」と判断し、脂肪を蓄えてしまう)

1日200ml程度にしてください。理由は後ほどかきますね。




大事なのは生理前の「溜め込み」を抑えるの事がカギ!


本来であれば、生理前に余分なものを溜め込み(プラス)、

生理後に徐々に排出するため(マイナス)、

そのため結果は普段はプラマイゼロになる。

生理後は「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが優位になるため、

脂肪は燃焼、老廃物は排出されやすくなるんですね。

ダイエットするなら生理後1周間」とよく言うのはそのため。

生理前に脂肪や老廃物を溜め込まないようにすれば(ゼロ)、

生理後の燃焼・排出効果により(マイナス)、

元々の体脂肪が代謝されて痩せる。これがからくりなんです!

生理前にためこまれるはずの余分な脂肪がなければ、

生理後には代わりに「元々の体内脂肪」が代謝されるのだ!!




つまり、「いかに脂肪や老廃物を溜め込まずに生理を迎えるか」がカギですよ!

女性ホルモン落差を利用して一気に体重ダウン!女子にしかできないダイエットですね。





そもそもなんで豆乳で「溜め込み」を抑えられるの?


これはちょっと専門的なことになるので難しいかとは思いますが。

豆乳には、生理前の溜め込みを防ぐ栄養素がぎっしり入っていて、

「生理前のためにある」食材といっても過言ではないんです。

では、その栄養素たちをご紹介していきますね。


大豆サポニン

1.小腸での脂肪吸収を抑えてくれる
2.血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれる
3.便を柔らかくしてお通じをよくしてくれる

小腸の絨毛(じゅうもう)が太くなると脂肪をたくさん吸収してしまうのですが、
サポニンが絨毛を正常な大きさに戻してくれるので、小腸からの脂肪の吸収を抑えることができます。
さらに、脂肪を体外に流す働きもあるのです。


大豆イソフラボン

1.エストロゲン(美人ホルモン)と似た働きをする
2.エストロゲンが足りなければ補い、多すぎるときには減少させようと働く


大豆たんぱく

1.動物性食品に比べて低カロリーで基礎代謝を活発にする
2.体内での吸収・分解に時間がかかり、満腹感を得やすい


レシチン、ビタミンB群、マグネシウム

レシチン…脳の神経伝達物質を生成する
ビタミンB群…脳機能を維持する
マグネシウム…神経やホルモン分泌臓器などの働きを調整する
→イライラなどの精神的不安定を予防し、食欲コントロールに効果的


カリウム

むくみの原因となる過剰なナトリウムを排出する。


ビタミンE

毛細血管の血流を促し、血管に弾力をつけ、広げて、抹消まで血行をよくするはたらきがある。


オリゴ糖

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となる。
善玉菌を増やし、免疫力を高めて腸壁を刺激し便通をよくする。


などなど。”豆乳”には本当にたくさんの栄養素が入っているんですね。





最後に注意点!

あくまで「生理後に痩せる」ための下準備

飲んですぐ結果が出なくても焦らないこと。


1日200ml飲めば十分。摂り過ぎは禁物

エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを大量に摂りすぎるのは好ましくない。

他の栄養素同様、適量の摂取にとどめること。

食品安全委員会は、毎日欠かさず長期間摂取する場合の平均摂取量の

上限値目安を「70~75 mg/日」としているんです。

無調整豆乳200mlに含まれるイソフラボンはだいたい50~60mlくらい。

日本人は、お味噌やお醤油など日常的に大豆を摂取する習慣があるから、

豆乳を飲む量は200mlくらいがベストですね。


生理が始まったら飲むのをやめること

健康上悪いわけではないけど、ダイエットしたいなら注意。

人間には、いかなる環境にも適応しようとする恒常性(ホメオスタシス)があるため、

普段から豆乳を摂取すると、やがて体が吸収抑制に慣れてきてしまうと考えられるんです。

毎日集中的に豆乳を飲むのは生理前1週間にしたほうが、効率的なダイエットができます。




以上。注意して健康的にダイエットしていきましょう!







neverまとめ 参照






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。